MENU

事後重症請求

反復性うつ病性障害で障害年金2級年額¥1,585,204円受給できたケース

新潟市 40代 女性 反復性うつ病性障害 1.相談に来られた状況 まず旦那様より奥さんの件でお電話頂きました。 20年前よりうつ病を患われ、昨年より体調不良により勤務していた会社を欠勤することが多くなったそうです。 勤務先より自主退職を勧告され退職を余儀なくされたそうです。 病相期、悪い波が来ると、心身ともに辛く、全く身体が動かすことができなくなるそうです。 家事や身のまわりのこともで... 続きを読む

網膜色素変性症で障害基礎年金で支給が認められ2級、年額130万受給した事例

新潟市・40代・男性 1.相談に来られた状況 幼少期は視野狭窄により、少しの段差でつまづき転び、夜は親を起こし電気をつけてもらわなければトイレにいくこともできなかったそうです。 ご両親は眼の症状に違和感を抱きながらも、「そそっかしい子。よく前をみて歩きなさい。」と注意するだけでした。 中学校へ上がりようやく、周りの友達が異変に気付き、その後助言があって眼科を受診されました。「網膜色素変性症... 続きを読む

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

新潟市・30代・男性 1.相談に来られた状況 大学一年の頃、周囲との人間関係がうまく築けず、 過呼吸やパニック障害を起こすようになりました。 両親に「どうしても辛いので大学を辞めたい」と相談しましたが 許されなかったため、何とか卒業しました。 結果、無理をしたことで誰かに殺されるのではないかといった脅迫性障害まで引き起こすようになってしまったとのことです。 その後... 続きを読む

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

新潟市・30代・女性 1.相談に来られた状況 60代の母と30代娘さんのお二人で、娘さんの障害年金について相談にいらっしゃいました。 中学・高校は進学したものの友人と上手くコミュニケーションがとれずに半分以上通学できない状態で、20歳頃まで衝動的にリストカットをする事が続いていたそうです。 お母様以外の家族とはうまく関係が作れなかったそうです。 夜は悪夢を見てうなされるために昼夜逆転の生... 続きを読む

広汎性発達障害で障害基礎年金1級を受給できたケース

新潟市・20代・女性1.相談に来られた状況発達障害の娘(25歳)の行く末を心配されたお父様がご相談にいらっしゃいました。娘さんは、小、中、高校と普通学級に通学されていたそうです。幼稚園の頃から、誰とも遊ぶことなく、意思疎通が難しく、小学校4年生になると、上手く言葉で伝えられない、勉強について行けない事などでストレスが溜まり、感情を爆発させるようになっていったそうです。小学校5年生頃(10歳:10年... 続きを読む

網膜色素変性症で障害基礎年金1級を受給できたケース

1.相談に来られた状況×××病院のケースワーカー(相談員)の方から非常に困った様子で当センターに連絡がありました。網膜色色素変性症の患者が障害年金が受給できずに困っているとのことでした。幼少期から視力が悪く、現在一人で生活するのもやっとの状況の方であるとのこと。過去2回、病院のケースワーカーが書類を作成、申請し、2回とも却下(不支給)になっているそうです。その後ご本人からも連絡を頂き、過去2回の提... 続きを読む

重症筋無力症で障害基礎年金2級を受給できたケース

1.相談に来られた状況准看護師のお仕事をされており、病気の特性上体調の波が非常に大きく、数か月間隔で休職と復職を繰り返しているとのことでした。将来に不安を感じ、障害年金申請の意向を高校生時代からの主治医に伝えたところ、①現在働いていること、②体調が比較的良い時には身の回りのことが自分でできて③自分が見ている患者にはもっと状態の悪い人が沢山いるからあなたは障害年金をもらえないと言われたそうです。診断... 続きを読む

広汎性発達障害で障害厚生年金2級を受給したケース

1.相談に来られた状況 ご両親付き添いのもと来所されました。高校まで普通学校に通われ、専門学校で専門資格を取得されているとのことで、一見どこに障害をお持ちなのかわかりませんでした。しかしこれまでの経緯を伺うと、学校でも友人関係がうまく作れず、孤立したりいじめを受けていたそうです。社会にでてからも職場で同僚とコミュニケーンがうまく取れず、人間関係が築けなっかたそうです。 就職先でも同僚との関係が... 続きを読む

大腸がんで障害厚生年金3級を獲得した事例

新潟市・40代・男性(大腸癌)1.相談に来られた状況職場の健康診断がきっかけで大腸癌であることが発覚したそうです。がんの切除手術、抗がん剤治療等を受けるも、2度に渡り別部位への転移があり、相談にいらっしゃった時には、ストーマの造設を行うに至っていました。当時は既に職場復帰をされていましたが、ストーマの処理にかかる不便さによって、生活、就労において大きな制限を受けていることがわかりました。2.経過ご... 続きを読む

中等度知的障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

長岡市・男性 1.相談に来られた状況  「息子は精神障害の為入退院を繰り返しており、このままでは家族がいなくなったら到底一人で生きていけません」と、お母様が相談に来られました。息子さんは小・中学校は普通学級で、勉強の理解が極端に遅いことと、対人関係のトラブル等からお母様が学校に呼び出されることが日常的にあり、手を焼いていたそうです。 中学2年時、不登校になったことをきっかけに、スクールカウン... 続きを読む

進行性筋ジストロフィーで障害基礎年金2級を受給できたケース

1.相談に来た時の状況「高校生のときに筋ジストロフィーと診断されたが、それを認めたくなくて普通に働いていた。しかし、手足が動かなくなり、運転等も出来なくなったため、障害年金を申請したいと思った」ということで相談に来られました。2.経過障害状態に関しては、介助なしで一人で杖なしでは歩けるという状況で、2級該当は50%程度の可能性と判断しました。お医者様に同行し、日常生活のレポートを書いて訴え、また診... 続きを読む

若年性パーキンソン病で障害基礎年金1級を受給できたケース

1.相談に来た時の状況電話で当い合わせを頂きました。 「今まで3回障害年金の請求を行ったが、すべて不支給となった。病院のケースワーカさんと病院のドクターの協力、難病支援センターなどの支援でおこなった中での不支給だったので絶望している。そこで、専門家の社労士の先生のお願いしたいのだが、受けていただけますか」とのお話でした。2.経過今までの障害年金申請の写し、診断書などはまったく残っていなかったので、... 続きを読む

下肢切断で障害厚生年金2級・年額1,194,200円を受給した事例

新潟市・30代1.相談に来られた状況相談にいらっしゃる前年に片足の腿下を切断されたとのことで、義足に松葉杖を使用して来所されました。元々はお仕事でバリバリ外回りをされていた方でしたが、片足の切断によってお仕事も、生活も大きく変わったとのことでした。片足の切断に至った原因は糖尿病とのことで、さらに詳しくお話を伺うと、体の異変を自覚して病院に行くよりも前から、職場の健康診断で指摘を受けていたそうです。... 続きを読む

筋ジストロフィーで障害基礎年金2級を受給できたケース

新潟市・男性1.相談に来られた状況 「数年前から職場や自宅で転倒することが目立つようになった。また腕、肩の筋力が弱くなり、運転ができなくなったため退職をせざるをえなくなった」とのこと。 進行性の病気だということと、退職を余儀なくされ、知的障害のお子様の介護にかかる負担が大きいと判断。本人と会った感じで、自力での生活復帰は難しいと感じました。 ご本人の症状の経過を相談者様と奥様からつぶさに聞き取りを... 続きを読む

変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

三条市・40代・女性1.相談に来られた状況約20年前から両足の股関節に痛みが生じはじめ、長い間市販薬等を使用しながら、痛みを我慢して生活されていたとのことでした。約8年前から歩けない程に症状が悪化し、病院を受診したところ、すぐに「変形性股関節症」と診断されたそうです。その後も症状が悪化し続け、相談に来られた時は、両足の股関節に人工股関節を置換する手術を受けられた後でした。障害状態は明らかでしたが、... 続きを読む

腸管ベーチェット症で障害基礎年金2級を受給できたケース

新潟市・50代・女性1.相談に来られた状況約25年前に腸管ベーチェット病を発症。それ以降月1回の通院に加え、皮膚瘻が見つかるたびに、入院・手術を繰り返し、現在に至るという状況でした。相談時までに約6回の腸管切除手術を受けているとのこと。残存小腸はわずかで、十分な栄養をとることができずに一日中寝たきりの状態でした。旦那様がお仕事をしながら介護をされており、大変なご苦労をされていることがわかりました。... 続きを読む

持続性気分障害で障害基礎年金3級を受給できたケース

燕市・30代・男性 1.相談に来られた状況 約20年前から精神的に不安定な状態が続いており、相談に来られるまでに、3つの病院を受診され、様々な診断をされているとのことでした。仕事に就くこともできない為経済的に非常に困窮されており、生活保護を受けながら生活されている状態でした。 2.経過 初診の病院でカルテが保管されていました。しかし、証明書の作成医が障害年金ついて全く理解されておらず、病名... 続きを読む

若年性パーキンソン病で障害基礎年金2級を受給できたケース

三条市・40代・男性1.相談に来られた状況約7年前に「若年性パーキンソン病」と診断されたそうで、過去2回、病院のケースワーカーさんと一緒に障害年金の申請を行い、2回とも不支給になっていました。頻繁なウェアリングオフ、起立性貧血による意識喪失、身体が全く動かなる症状、足の変形等、障害状態は非常に重く、医師からも就労は不可能だろうと言われたそうです。そんな状態でありながらなぜ不支給になっているのか疑問... 続きを読む

うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

上越市・30代・女性1.相談に来られた状況一人では外出することができない為、旦那様と一緒にご来所頂きました。 長年に渡って拒食症やうつ病で苦しまれており、約10年前からからほとんど寝たきり状態の為 家事は全て旦那様が行っているとのことでした。認定日には二つの病院にかかっており、既に診断書を作成しておられました。 しかし内容を確認すると、事実とは真逆で「障害はなく、日常生活にも支障なし」というような... 続きを読む

うつ病で障害厚生年金3級を受給できたケース

燕市・50代・女性 1.相談に来られた状況 相談にいらっしゃったのは、20年以上お勤めになった会社を病気の為退職された直後でした。5年程前から悪化と軽快を繰り返しており、お仕事は休みがち、家事は全くできない状態だったそうです。最終的には4カ月間全く出社できず、退職することになった、ということでした。 ご自分の収入がなくなることで家計が非常に苦しくなる上、家事もすることが出来ないという申し訳な... 続きを読む

脳梗塞で障害厚生年金3級を受給できたケース

新潟市・50代・男性1.相談に来られた状況「脳梗塞によって左半身に麻痺が残り歩行が困難で、どうしても燕の事務所まで相談に行くことができません。家の近くで相談に乗ってもらうことはできませんか。」とのお電話を頂きました。本来であれば事務所での相談が原則ですが、ご本人の強い希望により、こちらから日時を指定させて頂き、ご自宅近くの喫茶店でお話を伺いました。リハビリも兼ねて、身の回りのことはなるべくご自身で... 続きを読む

心臓発作で障害厚生年金3級を受給できたケース

長岡市・60代・男性1.相談に来られた状況約13年前に突然の心臓発作で倒れ、すぐにペースメーカーの 植え込み手術をされたとのことでした。手術後はお仕事にも復帰されていましたが、 ペースメーカーによって体調を維持していることもあり、 半年に1回の定期健診は13年間欠かすことができなかったそうです。これまで障害年金の存在は全く知らなかったそうですが、 たまたま知人から障害年金のことを聞き、 ご自分も可... 続きを読む

下肢障害で障害厚生年金3級・年額140万の受給できた事例

新潟市・50代・男性 1.相談に来られた状況 10年ほど前から左足に違和感を感じ始め、徐々に力が入らない、つま先があがらない等の症状が現れ、頻繁に転倒するようになったそうです。更には痙性が頻繁に起き、動くことにも、じっとしていることにも支障が生じるようになったそうです。 検査の結果脂肪腫が見つかり、摘出手術を行うも、完全摘出することはできず、その後も下肢障害は残ってしまったとのことで、ご来所... 続きを読む

アスペルガー障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

新潟市・20代・女性 1.相談に来られた状況 お母様が来所されました。 お話を伺うと、娘さんは中学生の頃から摂食障害を患っており、高校中退後、現在に至るまで引きこもり生活を送っているとのこと。就労どころか外出が一切できず、「この子が一人で生きていくためにはどうしても障害年金が必要です」と心から障害年金を必要とされていました。お話を伺うと、正常な食事ができないという摂食障害特有の症状に加え、他... 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声
平日9:00~17:150256-47-6722