あおば社労士事務所 新潟障害年金相談センター課が担当!

運営:あおば社労士事務所 新潟障害年金相談センター課

MENU

統合失調症 障害基礎年金2級:年額¥780,900

1.相談に来られた状況

親元を離れ、希望する大学へ。念願のキャンパスライフを意欲的にこなしていましたが、徐々にやる気がなくなり、寝てばかりで学校は休みがちに。やがて「扉を開けると爆発する」恐怖でドアが開けられなくなりました。幻覚や幻聴が顕著になったため、精神科を受診し、統合失調症と診断を受けます。大学は退学し実家へ戻ってきました。現在は表情もなく、何をやっても楽しくない。アルバイトもできない。主治医から障害年金受給の提案をいただき、お母様とお二人でご相談をされました。

2.経過

初診日ごろは、陽性症状が顕著で障害の状態は明らかでした。障害認定日には短時間のアルバイトもできるようになりましたが、現在、陰性症状が強くほぼ引きこもりの状態でした。病相の波があり、状態が悪いときは身の回りのこと(食事、清潔保持、外出等)もご家族の声掛けや援助なしには行えません。病相期においての日常生活制限をまとめ、参考資料として添付し診断書作成をお願いしました。

しかし、出来上がった診断書の日常生活能力判定はご本人の申し立てと差異がありました。もう一度確認いただけるように再度お願いしましたが、「1年間の状態を勘案して記載している(良い時も悪いときも知っている)これでも重く記載した」とのことでご対応していただけませんでした。日常生活能力判定は本人申し立てよりいくつか相違ある仕上がりでしたが、補足記載は十分であったため、申請いたしました。

3.結果

障害基礎年金 2級を受給することができました。年額¥780,900

4.ポイント

障害年金は「日常生活の制限の度合いや労働能力の喪失」を確認するものです。

動作としてできることが「できる」ではありません。一連の動作において、声掛けや見守り、支援が必要な場合は可能とは言えません。受診の際は医師へ不便なことをきちんとお伝えしていくことをお勧めします。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患統合失調症」の記事一覧

障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声
平日9:00~17:000256-47-6722