新潟市を中心に新潟県全域の障害年金申請をサポート

運営:あおば社労士事務所

MENU

自閉スペクトラム症、知的障害で障害基礎年金2級、年額¥781,700受給した事例

 

上越市 20代 男性 自閉スペクトラム症、知的障害

1.相談に来られた状況

以前、特別支援学校にて当センターの勉強会にご参加されたお母さまから、お問い合わせをいただきました。今年成人されるお子様の将来を案じられて、ご自身で障害年金の申請をすすめようと診断書を取得されておられました。

内容を見ても、これで出してよいのだろうか。不安に感じられ、当センターへのご相談と受任を希望されました。

2.経過

まずは、ヒアリングにて日常生活状況の聞き取りを丁寧に行いました。小さいころと比べ、できることも増えたとのことでした。

しかし、障害年金は動作としてできることを証明するものではなく、ご家族の援助がない状態で食事や清潔保持が仕上がりまで一連の流れとしてできるかどうかで判断されるものになります。ご支援がない場合を想定して、もう一度お母様へ確認したところ「ひとりでは無理」「難しい」「できない」ことが数多く聞くことができました。

病院へ診断書の内容について、もう一度ドクターに確認していただくことをお伝えしました。

受診を終えたお母さまより、支援がない場合を想定して確認します。とのお返事をドクターよりいただけたことご報告いただきました。

確認された診断書内容は、正しい障害状態が記載されていました。早速、日本年金機構へ提出いたしました。

 

3.結果

障害基礎年金(20歳前)、本来請求、障害基礎年金2級、年額781,700円(加算なし)の支給が決定いたしました。

4.ポイント

・日常生活において、動作としてできることが「できる」ではない。食事については、栄養バランスのとれた献立を考え、買い物、調理、適量を摂取、後片付けまで一連の流れとして仕上がりまでできること。

・病状について記載してもらうだけでなく、障害によってどれだけ社会的障壁があるかまでを記載してもらう必要がある。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「発達障害知的障害精神疾患自閉症」の記事一覧

障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声
平日9:00~17:150256-47-6722