新潟市を中心に新潟県全域の障害年金申請をサポート

運営:あおば社労士事務所

MENU

社会的コミュニケーション障害、注意欠如多動性障害 障害基礎年金2級、年額¥781,700受給した事例

五泉市 20代 女性

1.相談に来られた状況

今年成人される娘様の件でお母様よりご連絡をいただきました。小さいころからマイペース。

学校へ行く準備も家族の声掛けや援助なしには時間に間に合わなかったそうです。中学のころよ

り交友関係が築けず、体調を崩しがちになりました。高校ではいじめにあい退学。誰にも会いた

くないとひきこもり状態に。病院を受診しうつ病と診断されました。しかし、治療も薬も飲まず

中断されてしまいました。このままでは就労もできない。将来を危惧され、ご相談いただきまし

た。

2.経過

20歳前に1番目の病院を受診しうつ病と診断。

半年後に2番目の病院で社会的コミュニケーション障害、注意欠如多動性障害と診断されました。

お母様に本人様の日常生活状態について、家族が同居している場合でも支援がない状態、単身を

想定してドクターへお伝えいただくように依頼しました。伺った内容を資料としてまとめ、病院

へ診断書を依頼いたしました。

出来上がった診断書は、抜けもれない仕上がりで、能力障害、機能障害、社会不利(障害)を記

載していただました。

 

3.結果

障害基礎年金 障害認定日(本来)請求2級、年額¥781,700の受給が決定しました。

 

4.ポイント

日常生活での制限をドクターへ具体的かつ計量的にお話しすることで、伝わりやすくなります。

ご家族と同居されている場合も、単身を想定してお伝えください。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「うつ病発達障害精神疾患自閉症」の記事一覧

障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声
平日9:00~17:150256-47-6722