新潟市を中心に新潟県全域の障害年金申請をサポート

運営:あおば社労士事務所

MENU

注意欠如・多動症、社会的コミュニケーション症 障害基礎年金2級、年額¥780,100受給した事例

新潟市西区 20代 男性 注意欠如・多動症、社会的コミュニケーション症

1.相談に来られた状況

大学卒業後、一般就労するも、コミュニケーションが苦手で聞きたいことがきけない。うっかりミスが多い。TPOを無視した服装で出勤し注意を受けたそうです。その後2社続けて解雇になりました。人とずれている感じがする。病院を受診し、障害があることを知りました。その後障害雇用枠で就労を目指すことにしましたが、収入が少ないため障害年金の申請を考えるようになったそうです。一度、ご自身で申請されましたが、不支給となってしまい、その理由を知りたいと事でお母様よりご相談いただきました。

2.経過

まず、申請したときの書類一式を確認させて頂きました。その後、お母様より日常生活についてヒアリングし、診断書内容と比較しました。やはり医師にはお伝えしきれていなかったようで、全てにおいてスケールがずれている内容でした。お母様からも「日常生活でどのような点で困っているのか、きちんと伝えていなかったことに気付かされた」とお言葉をいただきました。医師にきちんとした内容をお伝えするために、日常生活での困り事をどんなに些細なことでも聞き取り、それを資料にまとめました。

その結果、以前伝えられなかった障害の状態をきちんと医師伝えることができました。真正な診断書で申請いたしました。

 

 3.結果

障害基礎年金 事後重症請求2級、年額¥780,100の受給が決定しました。

 

4.ポイント

障害年金とは病気やケガによって日常生活に制限があることを証明する必要がある。受診の際、症状だけをお伝えするのではなく、日常でのお困りごとをきちんとお伝えすることをお勧めいたします。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「発達障害精神疾患」の記事一覧

障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声
平日9:00~17:150256-47-6722