新潟市を中心に新潟県全域の障害年金申請をサポート

運営:あおば社労士事務所

MENU

会社員

網膜色素変性症で障害基礎年金で支給が認められ2級、年額130万受給した事例

新潟市・40代・男性 1.相談に来られた状況 幼少期は視野狭窄により、少しの段差でつまづき転び、夜は親を起こし電気をつけてもらわなければトイレにいくこともできなかったそうです。 ご両親は眼の症状に違和感を抱きながらも、「そそっかしい子。よく前をみて歩きなさい。」と注意するだけでした。 中学校へ上がりようやく、周りの友達が異変に気付き、その後助言があって眼科を受診されました。「網膜色素変性症... 続きを読む

自閉症スペクトラム障害・注意欠如多動性障害で障害基礎年金2級が決定した事例

新発田市、20代、自閉症スペクトラム障害・注意欠如多動性障害 1.相談に来られた状況 ホームページを見て、無料相談会の参加希望でお問合せいただきました。 幼い頃から、物事がうまく行かない。 自分だけどうしても一人ぼっちになってしまう。 皆ができることでも自分はできない事が多く、大きなストレスを抱えてこられたようです。 医療機関を受診したところ、自閉症スペクトラム、注意欠陥性障害と診断さ... 続きを読む

重症筋無力症で障害基礎年金2級を受給できたケース

1.相談に来られた状況准看護師のお仕事をされており、病気の特性上体調の波が非常に大きく、数か月間隔で休職と復職を繰り返しているとのことでした。将来に不安を感じ、障害年金申請の意向を高校生時代からの主治医に伝えたところ、①現在働いていること、②体調が比較的良い時には身の回りのことが自分でできて③自分が見ている患者にはもっと状態の悪い人が沢山いるからあなたは障害年金をもらえないと言われたそうです。診断... 続きを読む

広汎性発達障害で障害厚生年金2級を受給したケース

1.相談に来られた状況 ご両親付き添いのもと来所されました。高校まで普通学校に通われ、専門学校で専門資格を取得されているとのことで、一見どこに障害をお持ちなのかわかりませんでした。しかしこれまでの経緯を伺うと、学校でも友人関係がうまく作れず、孤立したりいじめを受けていたそうです。社会にでてからも職場で同僚とコミュニケーンがうまく取れず、人間関係が築けなっかたそうです。 就職先でも同僚との関係が... 続きを読む

大腸がんで障害厚生年金3級を獲得した事例

新潟市・40代・男性(大腸癌)1.相談に来られた状況職場の健康診断がきっかけで大腸癌であることが発覚したそうです。がんの切除手術、抗がん剤治療等を受けるも、2度に渡り別部位への転移があり、相談にいらっしゃった時には、ストーマの造設を行うに至っていました。当時は既に職場復帰をされていましたが、ストーマの処理にかかる不便さによって、生活、就労において大きな制限を受けていることがわかりました。2.経過ご... 続きを読む

進行性筋ジストロフィーで障害基礎年金2級を受給できたケース

1.相談に来た時の状況「高校生のときに筋ジストロフィーと診断されたが、それを認めたくなくて普通に働いていた。しかし、手足が動かなくなり、運転等も出来なくなったため、障害年金を申請したいと思った」ということで相談に来られました。2.経過障害状態に関しては、介助なしで一人で杖なしでは歩けるという状況で、2級該当は50%程度の可能性と判断しました。お医者様に同行し、日常生活のレポートを書いて訴え、また診... 続きを読む

大腸癌で障害厚生年金3級を獲得した事例

新潟市・40代・男性1.相談に来られた状況職場の健康診断がきっかけで大腸癌であることが発覚したそうです。がんの切除手術、抗がん剤治療等を受けるも、2度に渡り別部位への転移があり、相談にいらっしゃった時には、ストーマの造設を行うに至っていました。相談にいらっしゃった時は、職場復帰が決まり来週から出社されるとのことでした。しかしストーマの処理にかかる不便さによって、生活、就労において大きな制限を受けて... 続きを読む

うつ病で障害共済年金2級を獲得した事例

上越市・40代・男性1.相談に来られた状況当時はうつ病で仕事(教職)を休職されており、家に引き篭もり状態でした。主治医から「実際に出社していなくても、会社に在籍している人は障害年金をもらえない」と言われたそうで、ご相談を頂きました。「将来への不安から、毎晩、自殺を考えている。」とのようなお話を電話で何回かお聞きし、大変気になった相談者の方でした。私は、膝の手術をした直後で松葉つえが必要な毎日でした... 続きを読む

下肢切断で障害厚生年金2級・年額1,194,200円を受給した事例

新潟市・30代1.相談に来られた状況相談にいらっしゃる前年に片足の腿下を切断されたとのことで、義足に松葉杖を使用して来所されました。元々はお仕事でバリバリ外回りをされていた方でしたが、片足の切断によってお仕事も、生活も大きく変わったとのことでした。片足の切断に至った原因は糖尿病とのことで、さらに詳しくお話を伺うと、体の異変を自覚して病院に行くよりも前から、職場の健康診断で指摘を受けていたそうです。... 続きを読む

脛骨腓骨開放骨折で障害厚生年金3級を受給した事例

新潟市・50代・男性1.相談に来られた状況2年程前に仕事中の事故で左足を負傷し、緊急搬送、即手術が行われたそうです。そのまま半年間の入院となり、別の部位の組織を足に移植する手術やチタンプレートの置換手術等、5回以上の手術を行い、何とか退院となりました。しかし退院後に感染症を発症しさらに半年の入院、4回の手術を施行。その後も入退院を繰り返し、相談に来られたときは、ようやく症状が安定し、仕事復帰された... 続きを読む

脊髄小脳変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

三条市・30代・男性1.相談に来られた状況2年程前から身体のふらつきを感じるようになり、病院を受診したところ病気が発覚したとのことでした。来所された時には、杖をついても歩行が困難なご様子で、呂律が回りづらい為、会話中に何度か言葉を聞き返すことがありました。当時はお仕事をされていましたが、できる業務は大幅に制限されており、平衡感覚の失調や全身の運動機能麻痺によって、食事、着替え、排泄等、日常生活のあ... 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声
平日9:00~17:150256-47-6722