複数の障害年金を申請できるのか?

身体障害と知的障害の両方がある場合、どちらか一方で申請すればよいのか。

質問

身体障害と知的障害の両方がある場合、どちらか一方で申請すればよいのか。
よいとすればどのようなストーリーで持っていくのがよいか。(生まれた当日に心臓疾患が判明し、その後知的障害があることがわかった)
また、主治医にはどのように話をして進めていくのがよいのか。

 

答え

基本的には1障害1申請なので、身体と知的の両方で申請をすることから検討します。

両方で申請することで逆にデメリットが生じるケースもあります(どちらか一方であれば簡単だった初診日の証明が困難になるケース、複数の診断書等を揃えるのに時間がかかるケース、一方の障害の診断書に、もう一方に不利な記載があるケース等)。ケースバイケースとなります。

障害年金では、受給要件を満たしている事を、申請者がすべて証明する責任があります。従って私共では、最終的に受給要件を満たしている事を証明できるベストな方法で申請ができるように、申請の準備を進めながらその都度ストーリーを見直しながら進めています。

障害年金Q&Aの最新記事

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
障害年金無料診断 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です。