新潟市を中心に新潟県全域の障害年金申請をサポート

運営:あおば社労士事務所

MENU

無職

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

新潟市・50代・男性 1.相談に来られた状況 職場のストレスが原因で、不眠や不安感が大きくなり、日常生活を行うことが困難になってしまったそうです。ある朝、体が動かない、動かせなくなり、言動がおかしくなる等の症状が現れ、医師の診断を受けたそうです。 通院中も感情のコントロールが効かず、不眠や体の震えが続きました。このような障害状態になり、長年勤めていた会社を退職し、経済的に困窮して家も売り払う... 続きを読む

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

新潟市・30代・女性 1.相談に来られた状況 60代の母と30代娘さんのお二人で、娘さんの障害年金について相談にいらっしゃいました。 中学・高校は進学したものの友人と上手くコミュニケーションがとれずに半分以上通学できない状態で、20歳頃まで衝動的にリストカットをする事が続いていたそうです。 お母様以外の家族とはうまく関係が作れなかったそうです。 夜は悪夢を見てうなされるために昼夜逆転の生... 続きを読む

広汎性発達障害で障害基礎年金1級を受給できたケース

新潟市・20代・女性1.相談に来られた状況発達障害の娘(25歳)の行く末を心配されたお父様がご相談にいらっしゃいました。娘さんは、小、中、高校と普通学級に通学されていたそうです。幼稚園の頃から、誰とも遊ぶことなく、意思疎通が難しく、小学校4年生になると、上手く言葉で伝えられない、勉強について行けない事などでストレスが溜まり、感情を爆発させるようになっていったそうです。小学校5年生頃(10歳:10年... 続きを読む

潰瘍性大腸炎で障害厚生年金3級が受給できたケース

1.相談に来られた状況出張相談会に参加されました。実はお会いする約1年前に一度電話でお問い合わせを頂いており、ご来所をお勧めしていたのですが、病気の特性上、悪化と寛快を繰り返している為、「良い期間もあるのでどうせもらえないいだろうから、相談に行くまでもない」と諦めていたそうです。しかし、症状が著明な時期は腹痛と下痢・下血でトイレからひと時も離れられない為、定期的に仕事を休まなければならず、結局退職... 続きを読む

網膜色素変性症で障害基礎年金1級を受給できたケース

1.相談に来られた状況×××病院のケースワーカー(相談員)の方から非常に困った様子で当センターに連絡がありました。網膜色色素変性症の患者が障害年金が受給できずに困っているとのことでした。幼少期から視力が悪く、現在一人で生活するのもやっとの状況の方であるとのこと。過去2回、病院のケースワーカーが書類を作成、申請し、2回とも却下(不支給)になっているそうです。その後ご本人からも連絡を頂き、過去2回の提... 続きを読む

中等度知的障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

長岡市・男性 1.相談に来られた状況  「息子は精神障害の為入退院を繰り返しており、このままでは家族がいなくなったら到底一人で生きていけません」と、お母様が相談に来られました。息子さんは小・中学校は普通学級で、勉強の理解が極端に遅いことと、対人関係のトラブル等からお母様が学校に呼び出されることが日常的にあり、手を焼いていたそうです。 中学2年時、不登校になったことをきっかけに、スクールカウン... 続きを読む

若年性パーキンソン病で障害基礎年金1級を受給できたケース

1.相談に来た時の状況電話で当い合わせを頂きました。 「今まで3回障害年金の請求を行ったが、すべて不支給となった。病院のケースワーカさんと病院のドクターの協力、難病支援センターなどの支援でおこなった中での不支給だったので絶望している。そこで、専門家の社労士の先生のお願いしたいのだが、受けていただけますか」とのお話でした。2.経過今までの障害年金申請の写し、診断書などはまったく残っていなかったので、... 続きを読む

強迫性障害で障害基礎年金2級を獲得した事例

燕市・20代・男性 1.相談に来られた状況 お母様と一緒に来所されました。学生の頃に強迫性障害を発症してからずっと治療を続けてきたが一向に回復せず、今に至るとのことでした。お母様が、今の状態では自立して生活していくことはとても不可能だと将来を案じていたところ、保険会社の営業員の方から障害年金と新潟障害年金相談センターセンターのことを聞き、相談に来られました。 ヒアリングを行うと、食事、お風呂... 続きを読む

筋ジストロフィーで障害基礎年金2級を受給できたケース

新潟市・男性1.相談に来られた状況 「数年前から職場や自宅で転倒することが目立つようになった。また腕、肩の筋力が弱くなり、運転ができなくなったため退職をせざるをえなくなった」とのこと。 進行性の病気だということと、退職を余儀なくされ、知的障害のお子様の介護にかかる負担が大きいと判断。本人と会った感じで、自力での生活復帰は難しいと感じました。 ご本人の症状の経過を相談者様と奥様からつぶさに聞き取りを... 続きを読む

若年性パーキンソン病で障害基礎年金2級を受給できたケース

三条市・40代・男性1.相談に来られた状況約7年前に「若年性パーキンソン病」と診断されたそうで、過去2回、病院のケースワーカーさんと一緒に障害年金の申請を行い、2回とも不支給になっていました。頻繁なウェアリングオフ、起立性貧血による意識喪失、身体が全く動かなる症状、足の変形等、障害状態は非常に重く、医師からも就労は不可能だろうと言われたそうです。そんな状態でありながらなぜ不支給になっているのか疑問... 続きを読む

左大腿神経・左閉鎖神経不全麻痺で障害基礎年金2級を受給できたケース

1.相談に来られた状況 ご相談に来られたのは新潟市在住で40代男性の方でした。 約2年前、仕事中の事故で骨盤を骨折され、以降リハビリを続けてこられましたが左半身に麻痺が残ってしまったとのこと。特に左脚は自力で動かす事が全くできず、杖無しでは歩行できない状態で、左手で物を持つことも不可能。また、就寝時は左脚の痺れと痛みの為熟睡できず、睡眠不足が慢性化していました。身体が思うように動かない不安と就... 続きを読む

うつ病で障害厚生年金3級を受給できたケース

燕市・50代・女性 1.相談に来られた状況 相談にいらっしゃったのは、20年以上お勤めになった会社を病気の為退職された直後でした。5年程前から悪化と軽快を繰り返しており、お仕事は休みがち、家事は全くできない状態だったそうです。最終的には4カ月間全く出社できず、退職することになった、ということでした。 ご自分の収入がなくなることで家計が非常に苦しくなる上、家事もすることが出来ないという申し訳な... 続きを読む

脳梗塞で障害厚生年金3級を受給できたケース

新潟市・50代・男性1.相談に来られた状況「脳梗塞によって左半身に麻痺が残り歩行が困難で、どうしても燕の事務所まで相談に行くことができません。家の近くで相談に乗ってもらうことはできませんか。」とのお電話を頂きました。本来であれば事務所での相談が原則ですが、ご本人の強い希望により、こちらから日時を指定させて頂き、ご自宅近くの喫茶店でお話を伺いました。リハビリも兼ねて、身の回りのことはなるべくご自身で... 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声
平日9:00~17:150256-47-6722