パーキンソン病

肢体の障害による請求事例

Mさんは10年前にパーキンソン病を発病、現在まで徐々に進行し、 昨年8月に身体障害者手帳4級を取得しました。ご連絡いただいた際 「パーキンソン病を患ったが、障害厚生年金は受給できないでしょうか。」 というご相談でした。パーキンソン病は、肢体の機能障害で、年金の請求ができます。パーキンソン病は中枢神経系の疾病です。注意しなければいけないのは筋力や四肢関節運動領域の障害をみる のではなく、痙直、不随意
続きを読む >>

若年性パーキンソン病で障害基礎年金1級を受給できたケース

1.相談に来た時の状況電話で当い合わせを頂きました。 「今まで3回障害年金の請求を行ったが、すべて不支給となった。病院のケースワーカさんと病院のドクターの協力、難病支援センターなどの支援でおこなった中での不支給だったので絶望している。そこで、専門家の社労士の先生のお願いしたいのだが、受けていただけますか」とのお話でした。2.経過今までの障害年金申請の写し、診断書などはまったく残っていなかったので、
続きを読む >>

パーキンソン病で障害基礎年金1級を受給できたケース

新潟市・60代・女性1.相談に来られた状況ある大学病院のケースワーカー(相談員)さんからのご紹介で、依頼者のご主人が相談に来られました。ご相談を頂いたのは、ご本人(奥様)の65歳のお誕生日の3か月前でした。以前から障害年金の存在は知っていたものの、65歳になれば老齢年金が出るので、わざわざ手間をかけてまで申請しなくてもいいと思っていたそうです。しかし病気が以前より悪化しており日常生活がかなり困難な
続きを読む >>

若年性パーキンソン病で障害基礎年金2級を受給できたケース

三条市・40代・男性1.相談に来られた状況約7年前に「若年性パーキンソン病」と診断されたそうで、過去2回、病院のケースワーカーさんと一緒に障害年金の申請を行い、2回とも不支給になっていました。頻繁なウェアリングオフ、起立性貧血による意識喪失、身体が全く動かなる症状、足の変形等、障害状態は非常に重く、医師からも就労は不可能だろうと言われたそうです。そんな状態でありながらなぜ不支給になっているのか疑問
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
障害年金無料診断 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です。