老齢年金を受け取っていますが、障害年金はもらえるの?

質問

主人は、現在64歳で、厚生年金を61歳から前倒しでいただいていおります。
今、仕事をして厚生年金を掛けております。病気で、障害者になった時、障害年金は貰えるでしょうか?

 

答え

初診日は、原則65歳の誕生日の2日前まででなければなりません(初診日が65歳前であれば、認定日は65歳を過ぎても大丈夫です)。老齢基礎年金の繰上げ請求をしている場合は、初診日は、65歳以降とみなされます。例外は以下の2つのみです。

①初診日の時点で、国民年金に任意加入者していた場合(老齢基礎年金を受給する為には、保険料を300月納めていなければなりません。納付期間が300月に達していない人は、強制加入期間である60歳を超えた後も、一定期間内であれば任意で国民年金に加入して、保険料を納めることができます。)

②初診日の時点で、厚生年金加入中であった場合(ただし、この場合は2級以上となっても障害厚生年金のみの支給となります。)

あなたのご主人の場合、61歳から老齢基礎年金を繰上げ受給されているので、本来であれば障害年金を請求することはできません。ですが厚生年金に加入されていますので、この期間中に初診日があるようであれば、申請することは可能です。初診日がいつか、が非常に重要です。

新潟障害年金相談センターは新潟で障害にお困りの方に対する障害年金受給率を上げるために、無料相談を実施しております。

一人で悩まず、まずはご相談ください。

障害年金Q&Aの最新記事

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
障害年金無料診断 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です。