統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

新潟市・20代・女性

1.相談に来られた状況

ご相談にいらっしゃったのは20代後半の女性でした。一人では外出することができず、彼氏同伴でした。話を聴いてみるとうつ病を8年ほど患っていらっしゃいました。ご自身で区役所へ障害年金について相談に行かれたり、主治医に相談したとのことでしたが、「あなたは障害年金をもらえません」とサポートしてもらえなかったそうです。
その後、諦めきれなかった相談者はインターネットで当センターを知り、「もしかしたら・・・」とご連絡頂きました。

2.経過

20歳前の発病ということで、8年前に診察を受けたクリニックで初診日証明をとりました。幸いにもカルテが残っており、証明書を取得することができました。

発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧に伺いました。主治医に本人の病状が伝わるように、ヒアリングした内容をレポートにまとめ、主治医に参考資料として渡しました。現在の主治医は障害年金の申請に協力的でしたが、障害認定日当時の医師は初め非協力的でしたので、何度もお願いして何とか診断書を作成して頂きました。苦労した甲斐があって、診断書に障害の状況を詳細に記載していただくことができました。

3.結果

障害基礎年金2級約79万円を取得することができました。
初回振込日に障害認定日からの遡りで5年分の約400万円が入金されました。

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
障害年金無料診断 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です。