下肢切断で障害厚生年金2級・年額1,194,200円を受給した事例

新潟市・30代

1.相談に来られた状況

相談にいらっしゃる前年に片足の腿下を切断されたとのことで、義足に松葉杖を使用して来所されました。元々はお仕事でバリバリ外回りをされていた方でしたが、片足の切断によってお仕事も、生活も大きく変わったとのことでした。

片足の切断に至った原因は糖尿病とのことで、さらに詳しくお話を伺うと、体の異変を自覚して病院に行くよりも前から、職場の健康診断で指摘を受けていたそうです。「初診日の証明」がポイントだと思いました。

2.経過

お手元にあった健康診断の結果票を確認すると、指摘を受けたのは病院に行く10年も前であることがわかりました。健康診断で指摘をうけたあとも、全く自覚症状なく、通院・服薬もせずに10年間生活されていたことから、最初は「社会的治癒」にあたるとして、健康診断の10年後、病院の受診を初診日として申請を行いました。

しかし審査の途中で、年金機構より「社会的治癒は認められないので、健康診断で指摘があったことがわかる書類を提出するように」との指示を受けました。手元にあった健康診断結果票を提出し、約10年前を初診日とする事後重症請求を行いました。

3.結果

障害厚生年金2級・年額1,194,200円の受給が決定しました。

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
障害年金無料診断 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です。